祈り



貴方の放り投げた祈りで 私は茨の海さえ歩いてる

正しくなど無くても 無くても 無くても




                   by Chihiro Onitsuka


茨の海
[PR]

# by lapislazuli228 | 2011-01-01 01:01  

引っ越し

あと数日で引っ越し。

可愛いわんこも地元へ送り、今度は今までよりもずっとコンパクトなお部屋で新生活です。



引っ越しは・・・必ずその日に終わるものだとわかってはいるのですが。
一人で何もかもをこなすのが少し不安。

不要物の山なんですもの〜



今までは必ず手を貸してくださる人がいました。
私より何十倍もさばけているすごい人。
なにかあると、当たり前のように手伝いにきて、助けてくれました。
そんな当たり前のことが、実は当たり前ではなかったのだ、と感じる今日この頃。

今までどれだけ人に甘え、頼っていたのか。
一人でするしかない状況になって初めて実感する情けなさ。


楽しいこと嬉しいことばかりではなかった今までですが、
確かに幸せ者ではあったのだと。





さぁ!もうひとふんばり!!
[PR]

# by lapislazuli228 | 2010-03-17 21:59 | 唐突に日常  

わたしは今



この寂しさは私だけのもの

痛みや言葉に耐えるため

私が愛さなくて誰が愛する?




Chihiro Onitsuka


Angelina
[PR]

# by lapislazuli228 | 2010-02-23 20:54 | 響くもの  

あいのうた

e0168010_7275156.jpg




 
わたしには愛する人がいる     氷 室 冴 子


そう きのうまでは知らなかった 

この胸の鼓動のわけを 

悲しい時 眠れない時 

その人を思うと熱くなる


わたしは 初めて祈りを知る

愛するあの人が 苦しまないように 

すべての祝福が 優しい雨のように 

あの人に降り注ぐように 

わたしには愛する人がいる


わたしは知る 

愛する本当の意味を 

愛は祈り 愛は勇気

あらゆる恵みが 

あの人のすべての人の上に輝くように 

わたしには愛する人がいる

[PR]

# by lapislazuli228 | 2010-02-15 07:28 | 響くもの  

寒いね・・・

e0168010_2126384.jpg



でも

あなたたちは

大丈夫なのね
[PR]

# by lapislazuli228 | 2010-02-14 21:26 | つぶやき  

一歩ずつ

e0168010_21283681.jpg



こちらにきてから毎日毎日お散歩の途中ですれ違う人がいます。

ちょうど5年くらい前に初めてすれ違ったのでしょうか・・・

その人は半身に麻痺をかかえ、おぼつかない足取りで一歩一歩地面を踏みしめるように歩いていました。

とてもとてもゆっくりのスピードで。

私は犬を連れて散歩をしていたので、その横をすばやく通り過ぎていました。

こんなに人通りの多いところを、何も歩かなくたって・・・

と、当時はそんなことを考えていました。


それから5年。

毎日毎日、あるときは遠くから、あるときはすれ違い、あるときは追い越し・・・

そんな感じでその人を見ていました。


ゆっくりゆっくりした歩みが、次第に力強く早くなってきました。

1年、また1年と年を重ねるごとに、春が来てまた新しい1年が始まるごとに、

その人の歩みはどんどん力強くなっていきました。


そして5年たった今・・・

私は肩に故障をかかえてしまい、リードをひく犬の散歩がかなり厳しくなったため、短時間のお散歩に切り替えていました。

その人とは時間帯が合わなくなり、ほとんど出会うことなく数ヶ月が過ぎました。


そんなある日、運転中の車の中から何ヶ月ぶりかにその人を見たのです。


雪の道を、もうほとんど普通の人と同じような速さで歩いていくその人。

以前ついていた杖も、今は持っていません。

私はしばし、じーーっとその人の姿を車の中から見ていました。


5年前、おぼつかなかった一歩は、今ではたくましく力強い一歩に変わっていました。

そうなるまでの5年間。

ただ歩くこと、それだけがどれほどその人にとっては大きな大きなことだったのか・・・

今、颯爽と歩いていくその人の後姿を見ながら、静かな感動があふれてきました。


大きな壁にぶつかったとき、嘆いた後でも前でもいい。

とにかく顔をあげて、一歩を踏み出していこう。

その人が5年前踏み出したように。

今はおぼつかなくても、

春がきて、冬が来て、また次の春がくれば、

きっと力強い一歩に変わっていることでしょう。

行き詰ったときは、その人の歩みを思い出します。




ただ、前だけを向いて歩く。

ketui no asa ni
[PR]

# by lapislazuli228 | 2010-02-12 12:23 | 響くもの